株の売買で大きな利益をあげようとすると東光のように、高値も安値もあまり差のない動きをする銘柄というのはつまらなく感じてしまうこともあるものです。
株価が大きく動けばそれだけ、値幅も大きくとることができますから大きな利益を求めるのであれば、東光のように値動きが小さな銘柄よりも高値と安値の差が大きな銘柄の方が、大きな利益をとりやすいといえます。

しかし、高値と安値の差が大きいということは大きな利益を手にする可能性があると同時に、大きな損失を出してしまう危険性もあるということを覚えておく必要があります。
東光の場合には一日の値動きが大きくても20円程度しかありませんから、1000株買ったとして安値で買って高値で売っても2万円程度の利益しか出ませんが、逆に高値で掴んでしまって安値で売っても2万円の損失にしかなりません。
一方、一日の株価の動きが上下で500円近く動くような銘柄であれば、たった100株しか買っていなくても5万円の損失を出してしまうことがあります。
もちろん、5万円の利益がでることもありますが株価が大きく動く銘柄に投資をしていると、値動きに惑わされて冷静な取引をすることができずに、利益は大きく伸ばすことができずに、損失は何時までも確定させるのを嫌い結果として傷口を拡大させてしまうコツコツドカンになりやすいものとなっています。
また、このような値動きをする銘柄というのは高値をつけたと思った途端に急転してあっという間に、マイナスに転じてしまうということもありますから、特に投資を始めたばかりの頃というのは大きな値動きをする銘柄ではなく東光のように落ち着いた動きをする銘柄から練習をすると良いでしょう。