桃太郎トマトなどで知られるタキイ種苗ですが、株価を検索してみるとそれらしいものが見つからないということがあります。
その一方で、旭有機材工業のように一般の人が馴染みのない企業の株価は見つかり、なぜタキイ種苗の株価は見つからないのだろうかと疑問に感じたこともある人は多いのではないでしょうか。

まず、ここで覚えておきたいことはすべての株式会社が株式市場に上場しているとは限らず、むしろ株式市場に上場している企業の方が数は少ないものとなっています。
その理由は幾つもあるため、株式市場に上場しない理由はこれだということを一概に説明をすることができませんが、株式市場に上場する大きな目的として資金調達のしやすさが挙げられます。
株式市場に上場をすれば、株券の売買をしやすくなることから資金を調達したいときには市場に株券を流してそれによって資金を作るということができるので、企業にとっても非常に利点のあるものとなります。
しかし、そもそも調達するほど資金に困っていないという企業であれば、上場をするメリットというのはそれほどのものがありませんから、規模が大きくても上場をしていないという企業も少なくありません。
また、どのような企業であっても上場をすることができるわけではなく、市場によって上場の基準を満たした企業だけが上場をすることができるので、株式市場に上場をしたいと考えていても上場することができないという企業も数多くあります。

そのため、タキイ種苗のように桃太郎トマトのような、身近な商品がある会社であっても株式市場に上場していなくて、株価を検索してみてもそれらしい企業が見つからないということは、特に珍しいことではないのです。